カフェ 豆知識

日本におけるカフェ

日本でも、明治末になると次々とカフェが開業しました。それらは大別すると、2つのタイプがあり、それぞれ異なる方向へ歩んでいきました。ひとつはコーヒーを始めとするソフトドリンク主とするカフェです。中でもブラジル・コーヒーの普及のため、ブラジル政府の後援で、1911年に銀座で開業し、全国の主要都市に19店を展開した「カフェ・パウリスタ」がその代表格でしょう。

もうひとつのタイプは、料理とアルコールを提供する、ある意味フランス・スタイルのカフェです。明治末に開業しましたが、大正、昭和と時代を経るにつれ女性のサーヴィスが主体となり、いわゆるカフェーへの道をたどっていきました。

大正期に入ると、コーヒーはかなり一般にも普及し、新聞や官報などを置き、コーヒーやジュース、ドーナツなどを楽しめる大衆的なミルクホール(1900年ごろ誕生)が繁盛しました。さらに昭和初期からは喫茶店のブームを迎え、戦前の最盛期となりました。この時期には日本でもカフェが都市生活の中に深く浸透していたことがうかがえます。

1942年のコーヒー輸入統制から、戦争を挟んで1950年の輸入再開までの暗黒時代を経て、1955年ころから喫茶店が本格的に復活しました。この時代、豪華な内装の純喫茶をはじめ、名曲喫茶、ジャズ喫茶、歌声喫茶、図書喫茶、山小屋喫茶など様々な喫茶店が登場しましたが、まさにカフェは人々の戦後の不十分な生活環境と文化的渇望の癒しの装置としての機能を担っていたのでしょう。

1970年頃、コーヒー専門店のブームが起こりました。まだコーヒーが欧米文化の象徴として神話をまとっていた最後の時期に、本格的コーヒーを謳い、産地別のコーヒー、サイフォン、オープン・カウンターでセピア色の内装、こうした「コーヒー専門店」が、文字通り全国を席巻しましす。コーヒーで客を惹きつける、カフェとしては正統派とも思える業態ですが、「コーヒー専門店」はじつは欧米にはほとんど例のない日本独特のカフェの姿でした。店の魅力をコーヒーに特化することにより、調理技術もいらず、内装等の設備投資も少なくて済んだこともあり、小資本しか持たない脱サラ、脱OL組がこのムーブメントの主役になりました。ブームが終わりに近づいた1980年には、全国で喫茶店の数は15万軒を超えました。10年にわたるコーヒー専門店の時代は、少なくとも量的には、日本のカフェの黄金時代であったといえるでしょう。

80年代に入ると喫茶店の数は過飽和状態に達し、レストランとの競合や地価、人件費の高騰などの経営上のマイナス要因が重なって、喫茶店は冬の時代を迎えました。軽食を提供する「スナック」、アルコール類を導入し、斬新な内装デザインとサーヴィスを売り物にした「カフェ・バー」、コーヒーの技術を更に先鋭化した「自家焙煎店」など新たな試みも行われるましたが、退潮を押しとどめることはできませんでした。

喫茶業界が長い冬の時代を抜けたのは、90年代の後半です。食事を提供するカフェ、そして同時期に日本に進出した「スター・バックス」を始めとするエスプレッソ・バーの登場が再活性化のきっかけになりました。現在のカフェ・ブームも、これら2つの新しいスタイルのカフェの延長線上に築かれています。

cafe dictionary カフェ 自己紹介 cafe dictionary カフェ サイトマップ
トップページ
カフェの成り立ち
カフェとは?
日本におけるカフェ
世界のカフェ
イギリス
フランス
イタリア
アメリカ
オーストリア・ドイツ
ユニークなカフェ
サイエンスカフェ
コンセプトカフェ
動物カフェ
カフェの豆知識
パリのカフェに日本食
日本初のカフェ
有名人が集まるカフェ
変わった場所にあるカフェ